CX - EX

会社概要


HOME  |  会社概要

トリムタブジャパン有限会社

〒106-0044 東京都港区東麻布1-7-3 第二渡辺ビル7F
Daini Watanabe Bldg 7F, 1-7-3, Higashiazabu, Minato-Ku, Tokyo 106-0044

map_image

代表者

中谷 健一(なかやけんいち)
Kenichi NAKAYA
CXPA会員
IDEOU Foundations of Design Thinking認証

CEO
Established

設立

2006年4月24日
- モバイルマーケティング企画会社として創業
- 2010年よりCXコンサルティングを開始

Partnership

パートナーシップ企業

株式会社トータル・エンゲージメント・コンサルティング
株式会社TRIMTAB WORKS

Mission

気付き・アイデア・チカラを掘り出し繋げることで
社会の全員を「素晴らしい価値創造」の当時者にする。

気付き・アイデア・チカラを掘り出し繋げることで
社会の全員を「素晴らしい価値創造」の当時者にする。


トリムタブは大きな船の舵に付いた小さな舵の名前です。
トリムタブが動いて舵を動かし、その舵が船の方向を変えます。
またトリムタブは大型航空機の翼に付いた小さな昇降舵の名前でもあります。
小さいながら航空機の姿勢を安定させる役割を負っています。
存在に気づく人はほとんどいませんが欠かせない存在です。
クライアント企業に、クライアント企業の顧客に、
そして社会に対して「トリムタブ」の価値を提供します。


トリムタブは大きな船の舵に付いた小さな舵の名前です。
トリムタブが動いて舵を動かし、その舵が船の方向を変えます。
またトリムタブは大型航空機の翼に付いた小さな昇降舵の名前でもあります。
小さいながら航空機の姿勢を安定させる役割を負っています。
存在に気づく人はほとんどいませんが欠かせない存在です。
クライアント企業に、クライアント企業の顧客に、
そして社会に対して「トリムタブ」の価値を提供します。

Story


トリムタブジャパン代表
中谷 健一

顧客の声に真摯に耳を傾ける

インターネットの登場以前、雑誌や情報誌は巻末にハガキを綴じ込んで読者とコミュニケーションしていました。社会人1年目のわたしは結婚情報誌の編集部員で、ハガキで寄せられた声を誌面に反映させる担当者でした。

読者の体験をアンケートで集め、悩んだことと解決の経緯を取材して記事にすると読者から高い評価をもらうことがわかりました。また、そうした潜在的なニーズを踏まえて営業部と連携し、広告出稿企業に改善提案するというサイクルができると部数だけでなく広告売上も伸びて、事業は急成長しました。


「利用者の声に真摯に耳を傾けて継続して対話し、利用者の背景まで理解できるようになれば、事業は成功する」

その原則はその時以来、わたしの

にその後、仲間とモバイル通販のベンチャーを立ち上げたり、独立してマーケティングや新規事業立ち上げのコンサル業をするなどしながら数百社の事例を見聞きしてきましたが、この原則が覆された例を知りません。むしろ時代を追うごとに、SNSの利用が進むほどに、顧客の声に真摯に耳を傾ける企業は、より利用者の支持を集めるようになっているように感じます。

2010年にNet Promoter Score®️という指標とその運用方法であるNet Promoter Systemについて学び、それまで自分が体験してきた事業成長の原則が体系化されていることに驚き、喜びながらCXのコンサルティング業をスタートさせました。また

CX向上は経営の原則そのもの

顧客体験(Customer eXperience = CX)向上の活動は、わたしの

© trimtab japan All rights reserved