DesignThinking

デザイン思考と
体験デザイン


HOME  |  デザイン思考と体験デザイン

eXperience

「デザイン思考」は課題解決のフレームワーク。

「デザイン思考」は
課題解決のフレームワーク。

「デザイン思考」と聞いたとき、無関係な話題と感じる人は多いようです。”デザイン"という言葉がそう感じさせるのかもしれません。実際は「ビジネスをデザインする」「課題解決をデザインする」手法の名前で、創造性の高い(イノベーティブな)課題解決のフレームワークとして広く世界で活用されています。

そしてCXやEXの取り組みにチャレンジするのであれば、ぜひ頭の片隅にその名前を刻んでおいてほしいのです。CX専門家団体Customer Experience Professional Association (CXPA)が公開している「CX活動を成功に導く6つの原則」というチャートにも体験デザイン改善と変革の鍵としてその名が登場します。CXやEXの推進で困った時、成果が出ない、なにか間違っているのではないかと感じた時、デザイン思考は必ず役立ちます。

「デザイン思考」と聞いたとき、無関係な話題と感じる人は多いようです。”デザイン"という言葉がそう感じさせるのかもしれません。実際は「ビジネスをデザインする」「課題解決をデザインする」手法の名前で、創造性の高い(イノベーティブな)課題解決のフレームワークとして広く世界で活用されています。

そしてCXやEXの取り組みにチャレンジするのであれば、ぜひ頭の片隅にその名前を刻んでおいてほしいのです。CX専門家団体Customer Experience Professional Association (CXPA)が公開している「CX活動を成功に導く6つの原則」というチャートにも体験デザイン改善と変革の鍵としてその名が登場します。CXやEXの推進で困った時、成果が出ない、なにか間違っているのではないかと感じた時、デザイン思考は必ず役立ちます。

6 Disciplines CX framework

Problem Solving with

How works?

「優先課題」にどう向き合うか?

「優先課題」に
どう向き合うか?

CXでもEXでも「優先して取り組むべき課題」が提示されます。ドライバー分析チャートの左上に現れる体験項目ですね。しかし「優先すべき課題」が判明するのはいいが、その体験をどのように改善すればよいかわからない、行動計画を立てるのが難しいという声をCX・EXどちらの現場でも多く耳にしてきました。

デザイン思考の手順はこうした課題解決に役立ちます。とは言え、することはプロジェクトメンバー集めてのミーティングです。ただ進行のルールや手順が通常のミーティングと異なります。知的労働生産性を格段に高めるメソドロジーにより、チームメンバーが本来持つ創造性とアイデアが発揮され、短期間で非常に有益な解決策を生み出し、合理的な意思決定までできます。

CXでもEXでも「優先して取り組むべき課題」が提示されます。ドライバー分析チャートの左上に現れる体験項目ですね。しかし「優先すべき課題」が判明するのはいいが、その体験をどのように改善すればよいかわからない、行動計画を立てるのが難しいという声をCX・EXどちらの現場でも多く耳にしてきました。

デザイン思考の手順はこうした課題解決に役立ちます。とは言え、することはプロジェクトメンバー集めてのミーティングです。ただ進行のルールや手順が通常のミーティングと異なります。知的労働生産性を格段に高めるメソドロジーにより、チームメンバーが本来持つ創造性とアイデアが発揮され、短期間で非常に有益な解決策を生み出し、合理的な意思決定までできます。

Driver Analysis
How deliver?

CX/EX課題解決デザインスプリント 

CX/EX課題解決
デザインスプリント 

CXやEXでの課題解決では(1)顧客や従業員の視点に立つこと(2)運用する従業員のモチベーションが高まる運用ができること(3)施策が効果的・効率的であること が求められます。デザイン思考のフレームワークをベースに、極めて短期間(通常4日間)で解決策を策定する「デザインスプリント 」セッションはこれらの条件を満たす最も効果的な手法です。世界中の成長企業があらゆる課題解決に活用する洗練されたセッションを、トリムタブジャパンではCXやEXの課題解決に特化してアレンジメントし、ファシリテーションや進行トレーニングを提供します。

CXやEXでの課題解決では(1)顧客や従業員の視点に立つこと(2)運用する従業員のモチベーションが高まる運用ができること(3)施策が効果的・効率的であること が求められます。デザイン思考のフレームワークをベースに、極めて短期間(通常4日間)で解決策を策定する「デザインスプリント 」セッションはこれらの条件を満たす最も効果的な手法です。世界中の成長企業があらゆる課題解決に活用する洗練されたセッションを、トリムタブジャパンではCXやEXの課題解決に特化してアレンジメントし、ファシリテーションや進行トレーニングを提供します。

デザインスプリントの優れている点

CXやEXの「優先課題解決」への適用に限らず
以下のような特徴を持っています。

Creativity
効果的・創造的施策が
導き出せる
Prototyping
実験過程があり
机上論にならない
Run with time table
進行時間割があり
必ず前進する
Confidence
参加メンバーが
自信と結束を獲得する

デザインスプリント では「課題に対する思考やアプローチ」「ディスカッションの進め方」「アイデアの引き出し方」「思考停止の払拭の仕方」が型になっており、余計な不安や迷いを持つことなく参加者全員が大胆かつ繊細に課題解決に専念できます。

CXやEXの課題解決のプロセスを機会にデザイン思考(デザインスプリント)によるプロジェクト進行をぜひ体験してください。知的生産性と創造性を飛躍的に高める手法として様々な課題解決に有効です。

© trimtab japan All rights reserved